ヨーグルト以外にもある、乳酸菌を含む食品

乳酸菌というとヨーグルトを思い浮かべますが、他の食品にも含まれています。

では、どんな食品から乳酸菌を摂取できるのでしょうか。

●乳酸菌とは

乳酸菌は糖を分解して乳酸を作り出す菌のことです。

腸内に棲む善玉菌の一種です。

乳酸菌以外にも腸内にはビフィズス菌という善玉菌が棲みついています。

ビフィズス菌の割合の方が多く99.9%ほどを占めるのに対し、乳酸菌はわずか0.1%です。

乳酸菌には整腸作用があります。

腸内の乳酸菌は乳酸を作りだして腸内を酸性にします。

悪玉菌が棲みにくい環境になって悪玉菌が減少、腸内環境が整います。

腸内環境が整うことで便通がよくなったり、免疫力が向上します。

●植物性乳酸菌を含む食品

乳酸菌には植物性乳酸菌と動物性乳酸菌があります。

植物性乳酸菌は植物に含まれるブドウ糖や果糖などを分解して乳酸を作り出す菌です。

植物性乳酸菌を含む食品には、漬物、キムチ、ザワークラフト、ピクルスなどがあります。

漬物はしっかり発酵しているものでないと、乳酸菌は含まれていません。

浅漬けはしっかり発酵していないため乳酸菌を含まない食品です。

ぬか漬け、味噌漬け、すぐきなどに含まれています。

ザワークラフトとは、ドイツのキャベツの漬物のことです。

ソーセージなどのつけ合わせとして食べられています。

ピクルスには発酵しているものと酢漬けのもとがあります。

酢漬けのものには乳酸菌は含まれていません。

植物性乳酸菌は過酷な環境でも生き延びる力があります。

乳酸菌は酸や熱に弱い性質がありますが、植物性乳酸菌は胃酸や胆汁酸に負けず、 生きて腸に届きやすい性質があります。

●動物性乳酸菌を含む食品

動物性乳酸菌は乳糖を分解して乳酸を作り出す菌です。

動物性乳酸菌を含む食品には、ヨーグルト、ナチュラルチーズ、 発酵バター、乳酸菌飲料などがあります。

乳酸菌を含む食品というと、まずヨーグルトを思い浮かべるのではないでしょうか。

現在さまざまなヨーグルトが販売されていて、各社違った乳酸菌を使用しています。

チーズにはプロセスチーズとナチュラルチーズがあります。

生きた乳酸菌が含まれているのはナチュラルチーズです。

カマンベールチーズ、ブルーチーズ、チェダーチーズなどがナチュラルチーズに分類されます。

発酵バターとは生クリームやバターを乳酸菌によって発酵させたものです。

一般的なバターは発酵させていません。

動物性乳酸菌は酸や熱に弱いため、胃酸に負けてしまい生きて腸に届きにくい性質があります。

しかし、生きて届かなくても整腸作用はあります。